お中元について

お中元

お中元の起源、お中元とは?

お中元の由来については諸説ありますが、有名な説は古く中国より伝わった「三元」という、過去に犯した罪をあがなう日とした『上元(1月15日』・『中元(7月15日)』・『下元(10月15日)』の中でも『中元』と日本に伝来してきた仏教の盂蘭盆会(お盆)が重なっていることから、江戸時代頃に夏のギフトに「お中元」として感謝を贈りものを贈る文化になったと言われています。現在「中元」というと、日ごろお世話になっている方や仕事上の付き合いのある方に対して、 感謝の気持ちを品物に託して贈る季節のあいさつです。

お中元を贈る時期はいつ?

お中元の時期については、地域性があります。主に東日本では7月1日~15日まで、西日本では旧暦に合わせて1ヵ月遅れの8月1日から15日までとされています。贈り先の地域によって事情は合わせる必要があります、例えば、北海道のお中元の時期は、旧盆にかかる7月中旬から8月15日であったり、九州は8月1日から8月15日までが一般的です。しかし、最近ですと全国的には7月15日が一般的になってきました。東京以外では、8月15日の中元を「月遅れ」と呼ばれることもあります。なお、東京周辺では、7月15日を過ぎると「暑中見舞い」、暦の立秋(概ね8月7日か8日ごろ)を過ぎると「残暑見舞い」となりますので、引っ越しや転勤時などは、地域の習慣を確かめてから贈ると良いでしょう。

お中元のマナーは?

お中元ギフトのマナーは、気を付けなければいけないところですが、遠方の親戚などは分かりにくいこともあるので注意が必要です。はじめに気を付けたいのが贈り先様の好みと家族構成です。たとえば、贈り先様がお酒を若いころに飲んでいたからと言って、今も同じように飲んでいるとは限りませんよね。そんなときは、アルコールを贈ってよいか確認をしておいたほうが良いでしょう。また、家族構成が妊娠中の方がいらっしゃるときは、コーヒーを贈られても妊婦は飲むことができませんので失礼のないようにしましょう。なにより贈り先様が喜ぶお品物を選びましょう。次に気を付けたいのが、運悪く贈り先様が入院されているケースです。退院間近であればお届け日に注意をしてください。お中元を贈っても不在にしていると、各配達事業者は約1週間程度で返却扱いとなり送料が往復分負担をすることになります。退院時期が分からないときは、「お中元」ではなく「お見舞い」として持参するのが本人も喜んでくれることでしょう。

お中元には何を選んだらいいの?

お中元ギフトといえば、「ビール」「洗剤」「ハム」「そうめん」「産地直送の生鮮食料品」を連想されますが、近年では「コーヒー」が安定して、お中元でもらいたい商品ランキングに見られます。大切なのは「あげたい」ではなく、相手の「もらって嬉しい」を考えてあげることです。グルメ好きな上司には「有名スイーツ」や「産地直送お取り寄せグルメ」をチョイス。ご両親には、母の日、父の日と連続してギフトを贈って、何を贈ればよいのか分からないときには、相手がギフトを選べるカタログギフトがおすすめです。カタログギフトなら、プレゼントは贈答品だけではなく、レストランでの食事・旅行・エステなどの癒し体験など、体験型ギフトも最近では人気があります。

お中元の渡し方は?

特にお世話になった方には都合を聞いたうえで、持参しお礼を伝えたいものです。しかし、最近ではお中元を購入し配送してもらうのが主流。託送するときには、別便で送り状を出すことを忘れないようにしましょう。 贈りものは、より良い人間関係を築くためのコミュニケーションアイテムの一つです。マナーやエチケットに反するようなことがなければ必要以上に形式や風潮に左右されることはありません。

喪中の方へのお中元を贈っても良いのか?

喪中の方にもお中元は贈っても問題ありません。ただし、喪中の方に贈る際には、時期とのし紙の書き方に気を付ける必要があります。喪中の方へお中元を贈る時期は、忌明け後の四十九日を過ぎてから「暑中御見舞」「残暑御見舞」としてお贈りするとよいでしょう。のし紙は、通常は紅白の水引きの入ったのし紙をかけてお贈りするのが良いのですが、喪中のときは、相手は喪に服し故人を偲ぶ期間であるため、紅白の水引きはふさわしくないと考えられますので白無地のシンプルな、のし紙を選ぶようにしましょう。

ご注文について

1.商品それぞれに

  • のし

  • 短冊

  • 包装

を無料でお付けいたします。

ご注文時に、商品、短冊、のしの種類をそれぞれお買い物かごに入れ備考欄に「のし下」●●とお名前をお書きください。(また、のしにご希望の「のし上」がない場合は、無地をお買い物かごに入れて備考欄に「のし上」●●とお書きください)

※複数ご購入の場合、短冊やのしの種類(のし上)、「のし下」のお名前はすべて同じになります。

※短冊は「包装紙」と「のし」との間にお入れいたします。

2.カタログハガキに贈り主を記載します

ハガキに記載される贈り主のお名前、ご住所、お電話番号は、ご注文者様となります。

3.キャンセルについて

ご注文完了後のキャンセルは、お断りしておりますので、ご注文の確定は、慎重にお願いいたします。

支払方法